STRIKER DX

ストライカーデラックス
BookBeyond コンセプトは学ぶ+知る+育む
トップページ マッチレポート コラム トピックス セレクション バックナンバー ムック リンク
最近のレポート

トップ マッチレポート 第87回全国高校サッカー選手権大会 >2回戦 滝川第二-市立浦和

Match Report マッチレポート


第87回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム Supported by gol.japan (株)カレッジリーグ エーライン事業部

gol.japan

卒業生に贈るメモリアルボール (株)カレッジリーグ エーライン事業部

トーナメント表
大会概要
2009/1/2

第87回全国高校サッカー選手権大会

粂田孝明(ストライカーDX編集部) 取材・文

2回戦

1月2日(金)/12:05キックオフ/埼玉県・埼玉スタジアム2002/観客11,000人/試合時間80分

滝川第二 0(0-0、0-0、PK5-4)0  市立浦和

得点者
 

新生・滝川二が薄氷の勝利
市立浦和4度目のPK戦で初黒星

 最近では遠藤保仁の「コロコロPK」により、PKがにわかに脚光を浴びている。でも注目されるのはキッカーばかり。GKは引き立て役なのか──。いや、この試合では、そうではなかった。滝川二のGK21宮本豊太が、面白いものを見せてくれた。

 0-0で迎えた後半ロスタイム。滝川二はGKを宮本に交代させた。明らかにPK要員。それだけの自信があるのだろう。対する市立浦和は県予選で3回もPK戦を制し、全国の切符を手にしている。PKには絶対の自信があるはず。興味深い対決は、市立浦和の先行で始まった。

 市立浦和、滝川二とも3人ずつきっちり決めたが、滝川二のGK 宮本はことごとく蹴るコースを読んでいた。わずかに手が届かなかったが、見事な反応だった。そして市立浦和4人目のキックをバシッと両手ではじき返した。結局、この1つのセーブで、滝川二がPK戦を制した。

 どうして蹴るコースを読めたのかというと、蹴ってから反応していたからだ。コースが甘かったり、シュートスピードが遅かった場合にセーブできるというわけだ。さらに、蹴ったコースに常に体を投げすことで、次のキッカーへのプレッシャーにもなる。確かに、シュートはやや中央に入り、両手ではじける位置。キッカーもどんどんプレッシャーが増幅される4人目だ。これはこれでなかなか面白いPKストップだ。

 試合内容はというと、持ち味を出したのは市立浦和のほうだった。というよりも、アンカーの位置に入った⑥徳島翔の独壇場だったといったほうがいいかもしれない。彼が攻守において市立浦和の全権を握り、試合をコントロールしていた。レーザービームのようなインステップキックでのサイドチェンジで、攻撃にダイナミズムを与えていた。そうかと思えば、相手の間でシンプルにパス交換を行い、いつの間にかシュートレンジに入り込んで、ミドルを放ったりもした。流れが悪いときには、30メートルのドリブル突破を見せ、敵陣深くまでボールを持っていき、相手の流れを断ち切ることもあった。ただ、前線の選手に最終ラインを突破する工夫が足りず、フィニッシュの場面で精度を欠いてしまっていたのが悔やまれる。

 滝川二はドリブルに長けた左右のMF⑬吉澤春風と⑨井上太志が攻撃を作り、これまたテクニックのある2トップ、⑪河本駿と⑩御手洗海斗がゴールを狙った。ただ、個人技が組織として機能するシーンが少なく、流れを持続させることができなかった。後半は攻めが中央に固まり、得点のにおいが感じられなかった。

 ただ前回大会での県予選敗退を踏まえ、今年は「成」を合言葉に、結果にこだわっている滝川二。勝つことを最大の評価としているため、上々の滑り出しといっていいだろう。初戦のプレッシャー をはねのけた今、文字通り、大きな成功を手にいれる可能性を秘めている。

滝川二・栫裕保監督
「好ゲームだった。失点はしないだろうが、崩せていなかったし、得点も難しかった。2年前はこの場所で悔しい思いをたが、今日は勝ってようやく時計の針が動き出した。今日先発したGK(①浅野伸吾)はセカンドゴールキーパー。1番手の岡田(⑫岡田真慶)がこっちに来て、ケガをしてしまった。宮本はPK要員。彼はPKストップのコツを知っている。読みと反応速度がいい。3人のGKは技術的には変わらない」

滝川二・ 21宮本豊太
「PKは小学校のときから自信があった。PKに入ったらボクのもの。甘いコースにきたら、絶対止めてやろうと思っていた。いつも相手の軸足を見て、蹴ってから跳んでいる」

滝川二・③中西隆裕
「PKはハラハラしたが、負ける気はしなかった。相手は運動量が落ちなかった。自分たちは最後まで笑顔でプレーできた」

市立浦和・池田一義監督
「相手はパスサッカーを掲げているが、蹴り込んでくるのは想定していた。そこで『それを奪ってていねいにつなげ』という指示を出した。PKはどっちにでるかわからない。思ったところに蹴り込めと話をした」

このページの上へ 更新一覧へ

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク