STRIKER DX

ストライカーデラックス
BookBeyond コンセプトは学ぶ+知る+育む
トップページ マッチレポート コラム トピックス セレクション バックナンバー ムック リンク
最近のレポート

トップ マッチレポート 第87回全国高校サッカー選手権大会 >2回戦 大津-立正大淞南

Match Report マッチレポート


第87回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム Supported by gol.japan (株)カレッジリーグ エーライン事業部

gol.japan

卒業生に贈るメモリアルボール (株)カレッジリーグ エーライン事業部

トーナメント表
大会概要
2009/1/2

第87回全国高校サッカー選手権大会

小池正人(ストライカーDX編集部) 取材・文

2回戦

1月2日(金)/12:05キックオフ/神奈川県・等々力陸上競技場/観客3300人/試合時間80分

大津 4(4-1、0-0)1 立正大淞南

得点者
(大)西田2、蔵田、岩本

ウマくて、したたかに強い!
大津、一気に突っ走る予感?

 1回戦で桐光学園を破った立正大淞南相手に、インターハイ3位、前評判の高い大津が、どう戦うかが試合前の大きな興味だった。

 総括としては「大津圧勝」だった。

 先制。追いつかれても慌てず、すぐに勝ち越し。しかも、ここで集中を高めて気落ちした相手を一気に突き放す。セーフティーリードを保ったまま、落ち着いてゲームをコントロールして時計を進めていく──そんな、強さとしたたかさ、試合運びの巧みさといったものも大いに感じられる試合だった。

 さて、試合の中身だが、まずは⑩西田直斗の見事なオーバーヘッドシュートを振り返っておこう。高校サッカーでのオーバーヘッドというと、オールドファンにとっては長いこと「帝京の室崎」と相場は決まっていたが、あんな(「あんな」といっては失礼だが…)フワッとしたループっぽいシュートではない。西田のは、右からの②森秀太のクロスを、ゴール前でダイレクトで右足でジャストミートして、ゴール内右の地面にグサッとたたきつけて決めたもの。「ときめきの少女」がいたら、間違いなく「今日の感動くん」のコーナーで取りあげられるファインゴールだった。

 このゴールもそうだったが、精度の高い右サイドの②森のクロスが大津に流れを引き寄せたのは間違いない。前半15分には⑨黒木一輝のヘディングにヒットさせるなど、それ自体も数多くのチャンスを演出したし、「森のクロスがある」という安心感があったから、多彩な攻撃を仕掛けていける、そんな印象を抱かせた。

「いつ大津に2点目が入るのか?」そんな気になってきたときだった。相手が強くなるほど粘り腰を発揮するのが立正大淞南のチームカラー。フッと意識から遠のきそうになったとき、バチンと頭をはたかれて、現実に引き戻されたようだった。

 1回戦で桐光学園を沈めたのと同様に、セットプレーから立正大淞南が同点に追いつく。右ゴールライン際からのFK。左サイドバック③戸谷宏の左足のキックが、ダーッとニアへ走りこんできた⑩松田陸の頭に合った。

 さすが立正大淞南。これでまた面白くなった──と思ったら、今度は大津に頭をはたかれた。「オレたちはインターハイ3位だっつーの!」っていうことなのか。

 前半36分の左CK。ゴール中央、GKの前へ殺到。そこへキック。混戦のこぼれをまたも⑩西田が蹴りこんで決めた。

 そしてこの後。ここで安心して弛緩しないのが大津のスゴイところ。一気に突き放しにかかれば試合を決めてしまうこともある得る、ということを、チーム全員が認識しているようだった。

 ②森のスルーパスで左サイドへ抜け出した⑦蔵田岬平が、左足で決めたのが勝ち越し点の1分後。

 さらに2分後、右CKからつかんだチャンス。こぼれ球⑥岩本栄一郎が豪快に左足で突き刺した。

 前半で4-1。試合は、これだけだった。後半は、お互いにゴールを予感させるシーンはほとんどなかった。26分、立正大淞南がロングスローからつかんだチャンスも、ゴールフレームに守られてしまった。

 後半の大津は、交代枠も余裕を持って使いきり、落ち着いて時間を進めていったようだった。前半の見栄えのいい、スペクタクルな展開とは打って変わり、淡々と、敵の出方を注意深く観察して、セーフティーリードを保つことに専心しているようだった。変な例えだが、大食い選手権でリードし、2位の人が一杯丼を積み上げたら、じゃあ自分ももう一杯食べます、みたいな憎らしさというか、したたかさというか、そんな感じがあった。

 出場するたびに注目校として名前が挙がる大津だが、冬の選手権はなかなか納得のいく成績に届かない、というのが本音だろう。次は藤枝東だが、タレントがそろい、チームとしての試合運びの術も身に付けている印象のある今回のチームなら、藤枝東と、その先にあるもっともっと大きなモノに手が届いても不思議じゃない、いや、今回は大きなチャンスなんじゃないか、そう感じさせる2回戦の戦いぶりだった。

大津・平岡和徳監督
「(立正大淞南の桐光戦を見て)セットプレーで失点しないことが作戦だったが、前半、そのセットプレーから見事にやられてしまった。ただ、戦い方はいろいろある中で、特に3点目など、ウチらしくワンタッチプレー、パスの崩しで得点できた(⑩西田のオーバーヘッドは)2トップはあーいうプレーが得意。GKとの1対1は苦手なんだけれども……(笑)」

立正大淞南・南健司監督
「(前半の連続失点の場面は)あそこでもう少し頑張れればというところだったが、(大津とは)力の差があるのは分かっていた。ふだん、ずっとやってきたことをピッチでやってくれたと思う。このチームは新チームになって劇的に成長した。試合後、3年間、このチームでやってきてよかったかと選手に聞いたら、みんなから、よかった、という声が返ってきた」

このページの上へ 更新一覧へ

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク