STRIKER DX

ストライカーデラックス
BookBeyond コンセプトは学ぶ+知る+育む
トップページ マッチレポート コラム トピックス セレクション バックナンバー ムック リンク
最近のレポート

トップ マッチレポート 第87回全国高校サッカー選手権大会 >2回戦 那覇西-佐賀東

Match Report マッチレポート


第87回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム Supported by gol.japan (株)カレッジリーグ エーライン事業部

gol.japan

卒業生に贈るメモリアルボール (株)カレッジリーグ エーライン事業部

トーナメント表
大会概要
2009/1/2

第87回全国高校サッカー選手権大会

北健一郎(ストライカーDX編集部) 取材・文

2回戦

1月2日(金)/14:10キックオフ/東京都・西が丘サッカー場/観客4688人/試合時間80分

那覇西 0(0-0、0-0、PK5-4)0  佐賀東

得点者
 

佐賀東と那覇西の
2人の“ジョーカー”

 1回戦で7得点を挙げて最高の滑り出しを見せた佐賀東と、秋田商に2-1で競り勝った那覇西による「九州地域対決」。

 佐賀東のスタメンには1回戦で1ゴール1アシストと大活躍を見せた⑩桃井宏和の名前がない。試合中の接触プレーで痛めた右足首のケガが完全に回復せず、大事を取ってのベンチスタートとなったのだ。

 蒲原昌昭監督は⑩桃井のポジションであるサイドハーフのところに、前の試合で途中出場した⑦平石大和、22黒川輝紀といった攻撃的な選手ではなく、「本来はボランチ」という⑤田中孝宏を起用。攻撃のキーマンである⑩桃井を欠いた佐賀東が、どのようなプレーを見せるのか注目が集まった。

 前半は一進一退か、やや佐賀東有利といった展開になった。ただし、佐賀東の強みである中盤の構成力は那覇西が激しくつぶしに来たことで半減させられてしまった。ドリブルで打開できる⑩桃井がいないこともあり、必然的に佐賀東の攻撃は⑭義村康祐やサイドバックからのクロスに偏ることになる。

 1回戦で3ゴールの⑱赤﨑秀平、2ゴールの⑬小池恭一と2人で5ゴールをたたき出した2トップは、空中戦の強さもあるが、どちらかといえば中盤との連携からゴールを狙っていくタイプ。サイドからのクロスという形だけでは、破壊力抜群の2トップのよさが十分に出ない。これは那覇西の狙い通りだっただろう。

 ただ、那覇西は攻撃になったときには「つないでミスをして失点するよりは、裏にボールを蹴ろうと思っていた」と⑤山下蔵人がいうように安全第一のプレーに終始。佐賀東のサイドからのクロスと、那覇西の裏へのロングボール。前半はテクニックに優れた両チームらしからぬ、ボールが空中にある時間の長い、大味な試合展開となった。

 後半も0-0のままゲームは淡々と進んでいく。ラスト15分を切ったところで、ついに佐賀東・蒲原監督が動く。「万が一のときに使おうと思っていた」⑩桃井を投入したのだ。

 ピッチに飛び出した158センチの“小さなファンタジスタ”は、ケガをしているという情報が信じられないほど軽快な動きでチームを活性化。蒲原監督に「あんなにできるんだったら最初から使っておけばよかった」と勝負の世界では禁句の「タラ・レバ」をいわせるほどのパフォーマンスを見せた。

 後半32分、⑩桃井がゴール前のこぼれ球を狙うがゴール右外に外れる。34分、右から⑩桃井が蹴ったCKに⑧中原がどんぴしゃで合わせる。「決まった!」と思ったが、那覇西のGK①南風原一士が驚異的な反応で止める。35分には、⑩桃井が強烈なシュートを放つものの、ポストに嫌われてゴールならず。“ジョーカー”⑩桃井は絶大な効果を発揮したが、ゴールにはつながらなかった。

 PK戦。お互い落ち着いて成功していったが、4人目の後攻で佐賀東の22黒川が失敗。「これを決めれば勝利」という那覇西の5人目のキッカーは、キャプテンの②上原諒也。試合後に聞いた話だが、②上原はPK戦の“ジョーカー”なのだそうだ。

 基本的な順番の中に②上原は入っていないが、「これで決めれば勝利」とか「これを外したら負け」という大事な場面では順番に関係なく彼が蹴る。“フリーマン”といったほうがわかりやすいだろうか。

 だが、ほとんど助走を取らずにコースを狙った②上原のキックはまさかのポスト! 次の佐賀東のキッカーが決めたことでPK戦は6人目にもつれ込んだ。本来の5人目だった那覇西③与那覇昴がGKに触られながらも決める。すると佐賀東の6人目をGK①南風原がストップ、プラン通りにはいかなかったが、那覇西がPK戦を制した。

 敗れた佐賀東の蒲原監督は「1回戦とは全く別のチームになってしまった」とため息をついた。「思った以上に⑩桃井の影響が大きかった」とも。チームの中心選手がケガや出場停止になってしまうのは、短期決戦では十分に起こりうることとはいえ、ここまで本来のサッカーができなくなるとは予想外だったはずだ。「PK戦で勝てれば明日は別のチームになっていたかもしれない」という言葉も、決して強がりではないだろう。

「最低でもベスト4」を目標に掲げていた佐賀東は、2試合で7ゴール0失点という成績を残して大会を去ることになった。これが高校選手権の、そして高校生年代の怖さだ。

佐賀東・蒲原昌昭監督
「1回戦とは全く別のチームになってしまった。前半は全くウチらしくなく、連動性が見られない、単発の攻撃ばかりになった。思った以上に⑩桃井の影響が大きかった。那覇西はウチのチームをよく知っている。コンパクトにして中盤をつぶしにきた。⑩桃井に関しては、あれだけできるのであれば最初から出しておけばよかったという気持ちはある。すべては自分の責任です」

那覇西・松田邦貴監督 
「苦しいゲームだったが、何とかモノにできた。ゲーム前に描いていた、自分たちから積極的に仕掛けていくサッカーは全然できなかった。中盤でボールを奪えていたのも相手がミスをしてくれたから。勝利して『不思議だな』という気持ちです。3回戦で当たる國學院久我山は洗練されたサッカーをするチームという印象。とにかく食らいついていくしかない」

このページの上へ 更新一覧へ

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク