STRIKER DX

ストライカーデラックス
BookBeyond コンセプトは学ぶ+知る+育む
トップページ マッチレポート コラム トピックス セレクション バックナンバー ムック リンク
最近のレポート

トップ マッチレポート 第87回全国高校サッカー選手権大会 >2回戦 鹿児島城西-大阪桐蔭

Match Report マッチレポート


第87回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム Supported by gol.japan (株)カレッジリーグ エーライン事業部

gol.japan

卒業生に贈るメモリアルボール (株)カレッジリーグ エーライン事業部

トーナメント表
大会概要
2009/1/2

第87回全国高校サッカー選手権大会

菊地芳樹(ストライカーDX編集部) 取材・文

2回戦

1月2日(金)/14:10キックオフ/千葉県・柏の葉公園総合競技場/観客3300人/試合時間80分

鹿児島城西 5(2-1、3-1)2 大阪桐蔭

得点者
(鹿)大迫勇2、河野、室屋、野村
(大)高山2

大迫勇がまた爆発
彼がいればサッカーは簡単だ

 1回戦の青森山田戦に続き、この日も鹿児島城西の攻撃力が爆発。5ゴールを奪って大阪桐蔭を下した。前評判の高かった強豪2校を続けざまに破り、ますます注目を浴びそうだ。

 それにしても、優れたFWが1人いるだけで、サッカーというのはこんなにも簡単にいくものなのかと思わされてしまうゲームだった。青森山田も大阪桐蔭も、決して弱いチームではなかった。今大会の参加校の中では、むしろハイレベルなほうだったと思う。個々のボール技術が高く、チームでしっかりボールをつないで攻めていき、おそらく日本のサッカーファンの多くが好むスタイル。他の学校が目標にするようなチームだった。

 だが、そういう丁寧なサッカーも、⑨大迫勇也1人の、ダイナミックで決定力の高いプレーの数々で、簡単に崩されてしまう様を、2試合続けて見てしまったのだ。

 開始1分立たないところで、⑨大迫勇はいきなり⑩安田啓優のクリアに反応してDFラインの裏へ抜け、GKと1対1になって会場が沸かせる。しかし、ここは足を滑らせてシュートを打てなかった。その後しばらくはボールが来なくて沈黙していたが、12分に中盤に下がってボールを受けると、素早く左へ展開してゴールをお膳立て。⑫室屋良憲のシュートはこぼれたが、これを⑥河野圭亮が再度シュートして鹿児島城西が先制する。

 直後、大阪桐蔭は1回戦2得点のヒーロー、②保井隆志がドリブルからスルーパス。右で受けた⑨高山寛正が、出てきたGKをかわす軽く浮かせたシュートを決め、すぐに同点に追いついた。大阪桐蔭は、1回戦ほどの華麗なパスワークは出せなかったが、辛抱強くつなごうと努めてリズムを作り、17分には②保井のスルーパスから⑥牧野翔が飛び出し、ビッグチャンスとなる。これはGKの飛び出しにあってゴールはならなかったが、このプレーで⑥牧野が負傷して交代となってしまった。

 鹿児島城西は徐々に⑨大迫勇にボールが入るようになり、展開は一進一退に。そして32分に左奥で縦パスを受けた⑨大迫勇が、反転して敵DFをかわし、GKを引きつけてゴール前へパス。これを⑫室屋が押し込んで2点目を挙げる。

 後半に入ると、⑨大迫勇の威力はさらに増した。8分、⑪野村章悟からのパスをペナルティーエリア内左で受け、反転を決めて左足でゴール。さらに14分、ゴール前右でボールを奪うと、鋭い切り返しからフリーになり、GKの右下を豪快に抜くシュートをぶち込んで試合を決めてしまった。また16分には、ペナルティーエリア手前の密集でボールを受け、落ち着いて右前へスルーパス。⑪野村が持ち込んでシュートを決めた。

「あそこまでDFがビックリし、怖がって下がってしまうとは思っていなかった」と、大阪桐蔭の永野悦治郎監督。非常にシンプルに見える⑨大迫勇のプレーだが、182センチと大柄でプレー幅が大きく、なおかついざとなれば細かいステップやボールコントロールもあるので、対応する敵にとっては見た目以上に手ごわいのだろう。

 エースの好プレーに触発された鹿児島城西は勢いづいた。「1対1でが大事。抜かれたら不利になると、ハーフタイムで修正するようにいった」(小久保悟監督)の言葉どおり、素早いアプローチかつ複数の囲い込みによるボール奪取の姿勢を見せ、大阪桐蔭のパスワークを寸断し始め、以降は危なげない試合運びだった。大阪桐蔭は選手のポジションを入れ替えて打開を試みたがうまくいかず、28分に⑨高山がゴール前のこぼれ球を押し込んで1点を返したが、及ばなかった。

鹿児島城西・小久保悟監督
「大阪桐蔭はしっかりボールをつなぐチームで、なかなかボールを奪えず、非常に厳しい試合になった。ただそれは想定していたので、前線からのプレッシャーで何と前で取ろうとしました。苦しみましたが、5つ入ってよかったです」

鹿児島城西・⑨大迫勇也
「相手がポゼッションしてくるチームと分かっていたので、前からプレスに行こうとみんなでいっていました。チームが勝ててよかったです。この前の試合よりも、中盤が持ったときの動き出しができました。ゴール前では常にゴールを意識してプレーしています」

大阪桐蔭・永野悦治郎監督
「(相手の攻撃を)しっかりガードしてから仕掛けていけるようにといいましたが、相手に非常に速く前に蹴られてガードできず、後ろは焦ってラインを下げ、前の選手は持ったら行きたがり、チームで距離感が出てしまいました。相手に合わせてリズムが取れなかった。こういうときにもう少し仕切れる選手がいればいいのですが、どうしても軸になる選手がいないところがありました」

このページの上へ 更新一覧へ

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク