STRIKER DX

ストライカーデラックス
BookBeyond コンセプトは学ぶ+知る+育む
トップページ マッチレポート コラム トピックス セレクション バックナンバー ムック リンク
最近のレポート

トップ マッチレポート 第87回全国高校サッカー選手権大会 >1回戦 立正大淞南-桐光学園

Match Report マッチレポート


第87回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム Supported by gol.japan (株)カレッジリーグ エーライン事業部

gol.japan

卒業生に贈るメモリアルボール (株)カレッジリーグ エーライン事業部

トーナメント表
大会概要
2008/12/31

第87回全国高校サッカー選手権大会

鈴木智之(スポーツライター) 取材・文

1回戦

12月31日(水)/12:05キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/観客10,000人/試合時間80分

立正大淞南 2(1-0、1-0)0 桐光学園

得点者
(立)川添、小坪

見せた『ダブルトリック』
立正大淞南が桐光学園を撃破

 伝家の宝刀『ダブルトリック』を成功させた立正大淞南が、優勝候補の一角・桐光学園を破り、2回戦進出を決めた。

 最初のトリックは前半3分。ゴール正面で得たFKのボールをMF⑭川添賢太がセットする。桐光学園は壁を作るが、その前に立正大淞南の5選手がヒザをついてブロック。GK25峯達也の視界をさえぎり、ボールを蹴る瞬間を見せなかった。

「狙ったとおり。決められると思っていた。いいコースに行った」(⑭川添)という高精度のボールは鋭く曲がり、ゴール左隅に吸い込まれた。

 2つ目のトリックは後半6分。右サイドで得たCKをグラウンダーでゴール正面に送る。そのボールを1人、2人と連続でスルー。3人目の⑭川添がDF⑩松田陸に渡し、⑩松田陸が左サイドでフリーになっていたFW⑰小坪巧へパスを送る。立正大淞南のエースは、冷静にコントロールシュートをゴール右隅にねじ込んだ。

「ゴールはセットプレーしかないと思っていました。1点目は3年前の選手権・真岡戦で決めたのと同じ形です。2点目は県予選では隠していたトリックプレー。1人がスルーするのは珍しくないから、2人にしました。子供たちがアイデアを出し合って、試合に出ていない選手が壁役になって練習をする。1年通して練習した成果が出ましたね」(立正大淞南・南健司監督)

 立正大淞南が1試合に2度トリックプレーを成功させる離れ業をやってのけ、2点差をつけることに成功した。

 U-19日本代表候補FWの⑪瀬沼優司を擁する桐光学園は、必死の反撃を試みるが、この日はゴールが遠い。前半30分にはFW⑨寺内渉のヘディングがクロスバーを直撃。後半21分には⑪瀬沼がGKと1対1を迎えるが、ループシュートはゴールの上に飛んだ。

 多くのサポーターがつめかけた桐光学園スタンドが、もっとも沸いたのが後半24分。ペナルティーエリア内でボールを持った⑪瀬沼が横へとドリブルし、マーカーを振りほどいて逆サイドに強烈なシュートを放つ。ボールは左ポストの内側を叩き、跳ね返りが右ポストへ。無常にもライン上を行き来したボールは、GK⑳熊野一樹の手に吸い込まれていった。

 1点を返したい桐光学園は、後半22分に185センチの長身FW⑬奥津直也を投入し、残り時間10分を切ったころにはDF④稲川裕馬(185センチ)を前線に上げた。⑪瀬沼(184センチ)と並び、180センチオーバーの3人を最前線に張りつかせたが、シュートは最後までゴールネットを揺らせず。「1.12行くぞ国立」の横断幕もむなしく、桐光学園の挑戦は初戦で幕を閉じた。

 立正大淞南はセットプレーの精度とともに、守備陣の奮闘も光った。DF⑤寺本健人、⑩松田陸のCB、ボランチの⑯河野知輝が形成するゴール前のトライアングルは強固で、南監督は「大舞台で自分を見失わず、体を張ってよく守っていた」と賞賛を惜しまなかった。

 多彩なセットプレーに加えて、守備陣が踏ん張ったことも、勝利を手にすることができたポイントだろう。

 立正大淞南の2回戦の相手はインターハイ4強の名門・大津高校に決まった。立正大淞南の南監督は大津・平岡和徳監督が帝京高校で選手として全国制覇を成し遂げた当時、サインをもらったことがあるという。

 かつてのあこがれの人が率いるチームを相手に、立正大淞南が2つめのジャイアントキリングをねらう。

立正大淞南・南健司監督
「セットプレーは1年間通して練習した成果が出た。守備については、CB⑤寺本、⑩松田陸が瀬沼君を中心とした攻撃をよく抑えてくれた。中盤のプレス、連動性もうまくできたと思う。11人全員の頑張りを評価したい」

桐光学園・佐熊裕和監督
「後半、チャンスを決められずバタバタしてしまった。1点を返せば逆転できると思っていたが、その1点を決め切れなかった。ゴール前で力が入りすぎてしまったのかなという気もする。相手は個人技とパスをミックスしたいいチームだった」

桐光学園・⑪瀬沼優司
「結果が結果なので…。これが今の自分たちの実力です。ケガ(ふくらはぎ痛)は言い訳にはしたくありません。この大会で自分ができたこと、できなかったことをわからせてもらったので、これからのサッカー人生に生かしていきたいと思います」

このページの上へ 更新一覧へ

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク