2018FIFAワールドカップロシア 足ワザマッチレポート
3位決定戦 ベルギー-イングランド

2018年07月14日

ストライカーDX編集部 構成

18年7月14日 17:00 サンクトペテルブルク(サンクトペテルブルク)
ベルギー
2 1-0
1-0
0
イングランド
ムニエ(前半4分)
E・アザール(後半37分)
得点者  

押し込まれた後半に待望の2点目
ベルギーが史上最高の3位に輝く

同じグループGだった両チーム。グループステージ第3戦では1-0でベルギーが勝利しているが、そのときは互いに決勝トーナメント進出を決めていたため、それぞれ先発9人を入れ替えたいわば調整試合。この3位決定戦では主力組で臨み、互いに勝利へのこだわりを見せた。スコアが動いたのは前半4分。シャドリの左クロスをムニエが押し込み、ベルギーが先制点を奪う。その後はややベルギー優勢で試合が進むが、後半に入るとイングランドがセットプレーで徐々にベルギーを苦しめ始める。そんな中でもベルギーは時折怒涛のカウンターでチャンスを作ると、後半38分、デ・ブルイネの縦パスからアザールが決め、待望の2点目を奪う。結局このまま試合が終了し、ベルギーが史上最高の3位に輝いた。
中2日と過酷な日程で迎えたイングランドは惜しくも4位に終わったが、若手中心で臨んだ大会で予想以上の好成績を残し、4年後に向けて大きな希望となった。

img

デ・ブルイネとE・アザール
2大スターの美技共演

ベルギーが勝利したが、後半はイングランドに押し込まれ、いつ失点してもおかしくはなかった。その危機的状況の中で、試合の流れを一気に手繰り寄せたのが、後半37分のE・アザールのゴールだった。このシーンでは2人の優れた技術が隠されていた。
まずパスを出したデ・ブルイネ。DF2人の間を割って入るようなドリブルから、E・アザールへ縦パスを出したのだが、前のDFジョーンズとは距離があったため、すぐにパスを出してもよかったし、ドリブルで前のDFを引き寄せてから出してもよかった。だがデ・ブルイネは、DFの体勢が中側に向き、E・アザールに背中を向けた瞬間に、DFの背中側にパスを出している。そのため、パスがDFのすぐ背後に出たにも関わらず、わずかに触れただけで、パスコースに大きな変化はなかった。さらにより縦方向にパスを出すことができたため、E・アザールもレシーブしやすかった。
そしてE・アザールは、そのパスをやや中側にコントロールしたことで、そのDFの前に素早く入り込み、完全にブロック。GKとの1対1に持ち込んだ。あとはGKとの駆け引き。ファーサイドに蹴り込むような体勢から、蹴る瞬間に足首をひねってニアにシュートを放つ「逆取りシュート」を決めた。まるでGKとの駆け引きを楽しむシュート練習でもやっているようなリラックスした動きだった。
このほか特に印象に残ったのが、ベルギーのカウンター。大波がスピードを落とさず波打ち際に向かっていくような怒涛のカウンターを何度も仕掛け、ビッグチャンスを生み出していた。何度もシュートまで持ち込むそのカウンターを見ると、チームとして形を持っているというよりも、カウンターとは何かという共通理解を持っている印象。ワンタッチ、ツータッチで次々とパスを前につなぐこと、真ん中に一度ボールを預け、両サイドを選手が全力で走ること、ゴールには2人が詰めることなど、突き詰めていくと、これらのことがほぼいつもできていた。
連動性がなく、カウンターが消化不良となって、言い訳的にスピードダウンして後ろでつなぎ始めるチームが多い中、ベルギーのカウンターは世界中のお手本となる素晴らしい形だった。今後の世界のトレンドとなりうるものだと思う。

ストライカーDX2018年夏号
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ