2018FIFAワールドカップロシア 足ワザマッチレポート
準々決勝 イングランド-スウェーデン

2018年07月08日

ストライカーDX編集部 構成

18年7月7日 18:00 サマラ アリーナ(サマラ)
イングランド
2 1-0
1-0
0
スウェーデン
マグワイア(前半30分)
デル・アリ(後半13分)
得点者  

イングランドのヤングガンズが、
熟練のスウェーデン相手に完勝!

序盤からイングランドがボールを持ち、スウェーデンがカウンターを仕掛ける展開に。しかし互いにシュートまで持ち込めず、前半25分まででシュート数はそれぞれわずか1本ずつ。その起伏の乏しい試合の拮抗が破れたのが、前半30分。イングランドの左CKをマグワイアがジャンピングヘッドで決めて、先制点を奪う。後半に入って高さを生かしたスウェーデンに反撃を許すが、13分にデル・アリがヘディングシュートを決めて追加点をゲット。その後はGKピックフォードのスーパーセーブで何度もピンチを防ぎ、スウェーデンを零封。世代交代を果たした若いイングランド代表が盤石の戦いぶりで快勝し、1990年のイタリア大会以来、28年ぶりのベスト4進出を果たした。

img

先に跳んで相手の頭上でドカン!
マグワイアの絶対勝つヘディングシュート

相手のお株を奪うヘディングシュート2発で勝利を収めたイングランド。1点目はCKから、2点目は右クロスからで、どちらもアイデアのあるゴールだった。
特に1点目は興味深い形だった。左CKを蹴るのはヤング。右足で蹴るため、通常であれば、カーブをかけてゴールに向かうインスイングを狙うところ。しかしヤングの放ったキックはインステップでミートするスライスボール。CKではあまり見ないインステップを使ったアウトスイングクロスだった。
そのクロスに走り込むまでのイングランドの陣形だが、3人一組で2つの組を作って斜めの位置関係で立ち、CKが蹴られる直前にバラバラに走り出すというもの。最終的に触る6番のマグワイアは後ろのほうの3人組の前に入り、一度ファーに走り始めてから急激にゴール中央に方向転換している。スウェーデンにとっては相手に固まって立たれた上に、散らばる方向も軌道もバラバラのため、ほとんどマークにつけない状態だった。
またマグワイアは、ヘディングをするときに相手の背後から早いタイミングでジャンプをして、相手の頭上でミートしていた。こうすることで、後から跳ぼうとした相手を体全体で押さえつけることができ、頭一つ抜けた状態でヘディングシュートを放つことができていた。
チームとしてのCKへのこだわりもさることながら、それを結果につなげたマグワイアの技術の高さもまた見事。ヘディングで競り勝てないと悩んでいる選手はぜひ参考にしてほしい。

ストライカーDX2018年夏号
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ