2018FIFAワールドカップロシア 足ワザマッチレポート
グループG イングランド-ベルギー

2018年06月29日

ストライカーDX編集部 構成

18年6月28日 20:00 カリーニングラード
イングランド
0 0-0
0-1
1
ベルギー
  得点者 ヤヌザイ(後半6分)

お互いに主力を温存する中
ベルギーが1点を決めて勝利 

グループGの1位、2位決定戦。両チームとの主力を温存するメンバー構成。お互いににらみ合う展開の中、後半のはじめにベルギーがヤヌザイのテクニカルなシュートでゴール。イングランドもその後ラッシュフォードにGKと1対1になるビッグチャンスがあったがゴールできず、ベルギーが1-0で勝利してグループGの1位に。決勝トーナメント1回戦で、日本と当たることになった。

img

決勝ゴールは、ヤヌザイの
「縦カーブシュート」

グループリーグ2連勝で突破を決め、3戦目は主力を温存するも、代わりに出た選手が活躍を見せる。これは優勝チームあるあるの理想の展開だ。日本と当たるベルギー、本当に強い!
決勝ゴールはヤヌザイの右からのカットインからインカーブシュート。インカーブシュートといえば、ボールが横に曲がるカーブをかけて、ファーポストの外から内に巻いて入ってくる軌道がこれまでのものだった。
しかし、今回ヤヌザイが決めたのは「縦カーブシュート」。ボールに縦回転がかかっていて、ファーポスト際のクロスバーの上方向へ飛んで行ったボールが、落ちて枠内に収まってくる。GKにとっては手が届きにくく、かなり遠くに感じる弾道で、エジプトのサラーもこっちの縦落ち系のインカーブシュートを蹴ってくる。
そんな最新足ワザを持った選手がベンチに控えているのが、優勝を狙うベルギーというチームだ。

現在発売中のストライカーDX夏号では、ちょうどサラーのテクニックとしてこの縦カーブシュートを取り上げている。112ページ。無料アプリをダウンロードして、サラーの写真を読み込むと、実演解説・橋本早十氏のレッスン動画もスマホで見られます。

ストライカーDX2018年夏号
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ