2018FIFAワールドカップロシア 足ワザマッチレポート
グループA ロシア-サウジアラビア

2018年06月15日

ストライカーDX編集部 構成

18年6月14日 18:00 ルジニキ(モスクワ)
ロシア
5 2-0
3-0
0
サウジアラビア
ガジンスキー(前半12分)
チェリシェフ(前半43分)
ジューバ(後半26分)
チェリシェフ(後半45+1分)
ゴロビン(後半45+4分)
得点者  

注目の開幕戦は
開催国ロシアが大勝!

ここまでの調整試合の結果が悪く、プレーぶりが心配された開催国ロシアだったが、⑧ガジンスキー、⑪ゾブニンの両ボランチから前の積極的な守備が奏功し、ゲームの主導権を握ることに成功。前半の頭と終わり、そして後半も先に点を取るという、理想的な展開でゲームを進め、後半アディショナルタイムにも2点を追加し、この上ない大勝を収めた。

img

ロシアの大量得点のポイントに足ワザあり
チェリシェフ、ゴロビンのプレーを振り返る

マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた⑥チェリシェフは、⑨ジャゴエフのケガによる前半からの交代出場だったが、2ゴールの活躍。1点目はボールを受けたときに「チップトラップ」でボールを少し浮かせてスライディングの相手2人をかわし、さらにGKが反応しにくい肩上のコースを狙った「ニア上シュート」を決めた。
さらに2点目も、利き足の左足アウトサイドキックで曲がりながら落ちるカーブをかけ、GKの手が届かないコースからゴールに収まる「アウトカーブシュート」。確かなテクニックが光った。
5得点中4得点に絡んだ、⑰ゴロビンの活躍も見逃せない。最後の締めとなった5点目のFKも見事だったが、触れたいのは先制点のアシストとなった左サイドからの右足クロス。一度踏み込んだ軸足を抜きながら蹴る「軸抜きキック」だ。これでインパクトでの蹴り足の微妙な調節を可能にしている。ボールの伸びすぎを抑え、鋭く小さいカーブをかけることに成功。ヘディングシュートを決めた⑧カジンスキーの頭にピタリと合わせた。

ストライカーDX夏号では、ロシアワールドカップに出場する注目選手の足ワザを紹介、マスターできるようレッスンしています。ぜひご一読を!

ストライカーDX2018年夏号
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ