AFCチャンピオンズリーグ2015 準々決勝 第1戦
柏レイソル―広州恒大

2015年08月26日

粂田孝明(本誌)取材・文

15年8月25日(火)19:00キックオフ
千葉県・日立柏サッカー場/観客14,030人/試合時間90分
柏レイソル
1 0-2
1-1
3
広州恒大
工藤壮人(後半44分) 得点者 オウンゴール(前半5分)
パウリーニョ(前半40分)
ガオ リン(後半13分)

ACL準々決勝第1戦。ホームで必勝を期した柏だが、1-3の惨敗に終わった。柏は立ち上がりから押し込まれ、前半5分にセットプレーからオウンゴールで先制点を奪われると、その後も防戦一方。パスは回せど、チャンスをほとんど作れず、逆に前半40分にパウリーニョに強烈なFK弾を決められ、2失点目。後半13分にもショートコーナーから3点目を許してしまう。その後、勢いを緩めた広州に対し、柏はようやく押し込む時間ができ、終了間際に1得点を挙げるも、2点差のまま終了。準決勝進出は厳しい状況となった。

ピックアッププレー

パウリーニョが自画自賛した
「生涯でいちばんのゴール」

この試合、最も盛り上がった瞬間は、観客の度肝を抜き、そして柏の選手を棒立ちにさせたパウリーニョのFK弾だった。「生涯の中でいちばんの素晴らしいゴールだった」と自画自賛したゴールは、ブラジル代表の名にふさわしい、まさしく世界トップクラスのFKだった。

ゴール正面で約35メートルの位置からのFK。ほぼ真っすぐ助走を取ったパウリーニョは、素早いアプローチからインステップでミート。ゴール正面に向ったボールは強烈なスピードで壁を越えると、そこから右にスライド。ゴール右上に突き刺さった。

GK菅野は「まだビデオは見ていないんですけど」といいながら、左腕を前に上げ、GKから見てボールが右から左に移動したことをジェスチャーで説明。「アウト回転というか……」とその弾道をどう表現したらいいか迷った後、「ああいうこともあります」と言葉が続かなかった。

あとでビデオで詳しく見てみると、確かにアウト回転がかかってゴール正面から右にボールはスライドしている。ただキック時のフォロースルーを見る限り、意識してアウト回転をかけたというよりは、軸足を抜いてインパクトに力を集中させた無回転キックを狙ったように見える。それにわずかに回転がかかってゆれながら右方向にスライドしていったのだろう。

ブレ球とスライスシュートのミックスといった弾道に、GK菅野は一歩の反応できず、ただボールを見送っただけ。シュートの弾道を解説できなかったのもうなずける。

「生涯いちばんのシュートは、“魔球”というにふさわしい弾道だった。

img_01
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ