第41回全日本少年サッカー大会 準決勝
セレッソ大阪U-12-サンフレッチェ広島F.Cジュニア

2017年12月28日

粂田孝明(本誌)取材・文

12月28日(木)15:15キックオフ/試合時間40分
セレッソ大阪U-12
2 1-0
1-0
0
サンフレッチェ広島F.C
ジュニア
鈴木聡太(前半2分)
皿良立輝(後半13分)
得点者  
img
開始早々のC大阪⑨鈴木の先制ヘッド。「これで勢いに乗った」と鳥居塚監督

C大阪が同じくJクラブの広島に競り勝った。C大阪は立ち上がり2分にCKから⑨鈴木がジャンプヘッドで先制点を決めると、その後もテンポよくパスを回してゲームを支配。時折広島にチャンスを作られるも、要所をしっかりと押さえて失点を許さない。後半13分には相手のミスを見逃さず、⑩皿良が決め加点。C大阪が3年ぶりの決勝にコマを進めた。

先を見据えた監督の思い

「見た目のうまさだけではダメ」
試合後、勝者C大阪の鳥居塚伸人監督は、得点を決めた⑩皿良への質問が出たときにそう強調した。それは決して彼が単なる小技を利かせたテクニシャンだと皮肉を言っているわけではない。⑩皿良はインアウトを巧みに使ったドリブルでカットインから何度も相手に脅威を与えており、勝利の立役者の一人と言っても過言ではないし、ボールを持ったときの技術力は目を見張るものがあった。

それ以外の選手も本当にボールコントロールが優れていた。ゲームキャプテンの⑥渡辺皐はスケールの大きな左利きのゲームメーカーで、キープ力とキック精度は群を抜いていた。⑦三津井龍真は最終ラインからでもドリブルを仕掛け、2~3人抜く能力を持つ。⑨鈴木、⑭高橋蓮も独特のタッチのドリブルで相手を翻弄していた。みな非常にテクニックがあって個性的なプレーヤーが並んでいるため、観ているほうはとても面白いサッカーをするなという印象を持つ。

鳥居塚監督はそれを分かった上であえて選手たちにはっぱをかけている。この先、プレーヤーとして花を咲かせるためには、今の技術をさらに磨くのはもちろん、走りの質であったり、カバーリングだったり、メンタルの強さだったり、献身性だったり、そんなことを高いレベルで実現していかないと実力向上は望めないと考えているようだ。

「決勝では指導者としては勝利をプレゼントしたいが、勝っても負けても得るものがあると思っている」と試合後はほとんど笑顔を見せなかった鳥居塚監督。頂点を狙うのはもちろんだが、それよりも重視しているのは、29日の決勝で選手たちが何を学び、そこからどんな将来を描いてくれるのか、視線はずっとその先にあるようだ。

img
個性的な選手が並ぶC大阪
img
広島の堅守速攻は圧巻だった
img
2点目を決めた⑩皿良。左足のタッチは一級品だった
img
広島の攻撃はこの⑩中川から。アイデアあふれるプレーを披露
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ