第39回 全日本少年サッカー大会 決勝大会
決勝
鹿島アントラーズ-レジスタFC

2015年12月30日

粂田孝明(本誌)取材・文 木鋪虎雄 写真

15年12月29日(火)9:30キックオフ/鹿児島県・鹿児島県立鴨池陸上競技場/観客3,038人/試合形式40分
鹿島アントラーズ
0 0-0
0-2
2
レジスタFC
(埼玉県代表)
  得点者 山崎倫
(後半16分)
篠田大輝
(後半20+2分)

試合は序盤こそ鹿島が押しこんだものの、その後はレジスタFCが粘り強く守備を行い、縦に早いサッカーを展開。ただ球際で激しいプレッシャーをかける鹿島相手に、なかなかチャンスを作り出せない。その均衡を破ったのが後半16分のセットプレーだった。センターライン付近からのFK。グラウンダーのシュート性のボールをFW山崎倫が角度を変えてゴール右上に蹴りこんだ。これで1点をリードすると、後半アディショナルタイムにFW篠田大輝がドリブルで相手を翻ろうして決定的な2点目をゲット。結局2ゴールを決めたレジスタFCが悲願の初優勝を手にした。

img_01
激しいボールの奪い合い。球際では両者一歩も譲らず、攻守が目まぐるしく入れ替わる
img_02
鹿島アントラーズをけん引したのは5番・山口宇汰。効果的なボールを配給した
img_03
決定的な2点目を決めたレジスタFCの7番・篠田大輝。歓喜の輪ができた
img_04
横浜F・マリノス、柏レイソルら強豪クラブとの接戦を制してきたレジスタFC
img_05
準優勝の鹿島アントラーズ。うまさと強さを兼ね備えたチームだった

試合後のコメント
●レジスタFC
渡辺泰明監督
以前に対戦して、鹿島の特徴はわかっていて、予想どおり球際で激しくきた。あとセットプレーが強いことはわかっていたので、ヘディングで負けないようにと指示していた。それをしっかりと頭に入れてやってくれた。ハーフタイムには、ちゃんと試合をしていれば、チャンスは必ずくるから、粘り強く守備することは継続するように伝えた。あと気持ちで相手を上回らないと勝てないとも伝えた。1点目は運があったと思う。泣いている子供たちを見て、私も感極まってしまった。

FW山崎倫
優勝が決まって涙が出てきた。自分の決勝ゴールはチームとしても大きかったと思う。(ゴールが決まったFKのシーンは)自分のところにボールがくると思っていた。ボールがバウンドしていたから、(それを利用して)すくいあげて、ゴールの右上を狙った。今日はみんなボールに向かって走っていた。

MF宇田川瑛琉
(先制点につながったFKのシーンは)本当は中にいる選手に合わせようとしたが、ヘッドの強い9番(鹿島・小出勇翔)を外そうと思ったら力が入りすぎてしまって、ボールがゴロになってしまった。でも点が入ったからよかった。うれし泣きは今まで2,3回あるが、日本一なので、今までで一番うれしかった。

FW川地晧
相手はヘディングが強いが、自分たちは足元の技術とスピードがあるので、そこでは負けないようにした。押し込まれた時間帯もあったが、失点をせずに、我慢強くやって、チャンスを狙ってカウンターを仕掛けようと思っていた。優勝できたことは本当にうれしい。

●鹿島アントラーズ
小谷野稔弘監督
点を取る力に差があったと思う。トップの2人はドリブルができ、守備もしっかりできるので、警戒していた。セットプレーの一瞬の隙をつかれて失点してしまった。相手の球際でのプレッシャーが激しく、サイドを変えるパスで慌てて蹴ってしまっていた。(ここまでこられたのは)守備の意識がしっかりできていたから。それから勝負どころで点を取れたからだと思う。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ